4/23(日)第13回波止場てつがくフェ「 <共謀>するって、どんなこと?」


 
「よし、やっちゃおう!」

論より実践。習うより慣れろ。 一人の時なら、いざしらず。誰かと共になら、なほのこと。

あんまり深く考えないで、その場のノリで走り出してしまうことって、ありますよね。でも、もしそれが犯罪に問われてしまうのだとしたら、どうします?

何の話かって、今の通常国会で議論されている「テロ等準備罪」のことです。

野党や多くの市民団体からは、個人の内心の自由を監視・取締りをするための「共謀罪」法案の焼き直しだと、批判の声が上がっています。

「テロ対策は重要」

「一般市民は無関係。犯罪組織の話しでしょ」

賛成意見も説かれる中、法案の狙いは「内心の自由の制限・侵害」にあるのか、それとも「テロ対策」にあるのか。意見の対立は深まるばかりです。

しかしところで、そもそも「共謀」するって、どういうことなのでしょうか?

全く一人で「やっちまう」ということとは、やはり違うのでしょうか?

共謀することと合意することは、同じことを指すのでしょうか?

どうして「共謀」することはいけないことなのでしょうか?

やっぱり「テロ」と関係があるものなのでしょうか?

共謀罪についての賛否はちょっとカバンにしまって、「共謀」するとはどういうことなのか、その「そもそも」を考えてみたいと思います。

■日時:4月23日(日)15時30分~

■【予約優先】申し込み先:hatoba.de.dialogue@gmail.com
※座席に限りがございます。恐れながら、申し込みされた方優先にてご案内申し上げます。

■ご参考
はじめてご参加される方へ「Q.てつがくカフェ?どんなことをするの?」
http://introduction.hatoba-de-dialogue.net/p/front.html#q6

波止場てつがくカフェ
Web:http://www.hatoba-de-dialogue.net
E-mail: hatoba.de.dialogue@gmail.com
twitter: @hatoba_dialogue
 

PAGE TOP