12/21~22 東京大学UTCP/PhDC*べてるの家討論会「当事者研究の現象学」(4)

【会場はNeccoではなく、東京大学駒場第1キャンパスです。参加される方はご注意ください。】
日時
2013年 12月 21日 ~ 22日
場所
東京大学駒場Iキャンパス18号館1階ホール

大きな地図で見る
説明
東京大学UTCP/PhDC*べてるの家討論会「当事者研究の現象学」(4)
12月21日(土)10時~17時
ワークショップ1:当事者研究と支援者の役割 / 支援者から見た当事者研究
 斎藤剛(NPO法人レジスト)、白江香澄(陽和病院)、柳春海(華蔵寺クリニック)
 司会:向谷地宣明(MCMEDIAN)
べてるメンバー紹介 / ライブ当事者研究
シンポジウム:当事者研究はどこに向かうのか
 向谷地生良(べてるの家 / 北海道医療大学)+浦河べてるの家「当事者研究の広がりと深化-当事者研究の現状から」
 熊谷晋一郎(東京大学)「当事者研究と経験科学」
 綾屋紗月(東京大学)+Necco当事者研究会「Necco当事者研究会-3年目の現状報告」
 向谷地宣明(MCMEDIAN)「関東の当事者研究」
 石原孝二(東京大学・UCTP)「当事者研究はどこに向かうのか」
 上野千鶴子(立命館大学)
 司会:石原孝二

12月22日(日)10時~15時30分
ワークショップ2:当事者研究と現象学 / 現象学的実践としての当事者研究
 石原孝二(東京大学・UTCP)
 向谷地生良(べてるの家 / 北海道医療大学)
 谷徹(立命館大学)
ワークショップ3:当事者研究としての家族 / 家族当事者研究に向けて

「べてるの家」写真展(江連麻紀)
21日10時~22日15時(18号館4階オープンスペース)


PAGE TOP