1/18(土)北九州市・西南女学院大学でNecco金子・山本が講演に登壇します

【会場は東京都内のNeccoではなく、福岡県北九州市となります。お近くにお住まいの方(も、そうではない方も無理せずに…)、ふるってご参加下さい!】
persons-as-a-party
特定非営利活動法人nest 主催
一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク 協力

『自分たちの未来は、自分たちで創る!
~発達障害のある人の仲間づくり・居場所・仕事~』

世間で何かと厄介者扱いされる発達障害。子どもの発達障害への理解や支援は徐々に進んできていますが、成人になってぶつかる社会の壁は、まだまだ厚いのが現実です。その壁に阻まれて、社会に参加することに絶望してしまう人や家族が多くいらっしゃいます。
今回nestでは、発達障害の当事者をお招きし、講演会を開催します。講師のお二人は、全国初の「発達障害当事者による発達障害当事者のため」の居場所・作業所を立ち上げ、その運営をなさっています。就労支援施設Neccoカフェの取り組みは、“当事者研究”などで全国的にも注目されています。それぞれの障害の受容と理解について、そしてNeccoをオープンするまでの経緯と困難などについてお話していただきます。
発達障害でお悩みの多くの方が希望を持てる講演会になると期待しています。

日時: 2014年1月18日(土) 13:00~16:30 受付 12:30~ 
場所: 西南女学院大学 6号館 6207教室
講師: 金子 磨矢子 氏  山本 純一郎 氏
参加費: 1,000円
申し込み: 特定非営利活動法人nest事務局
TEL/FAX 093-582-7018  E-mail nest●fuga.ocn.ne.jp (●を@に変えて送信して下さい)
*できるだけ、FAX/E-mailでのご連絡をお願いします。

講師プロフィール

金子 磨矢子 氏:
子どものアスペルガー症候群がわかったのをきっかけに自らも発達障害当事者と診断される。親子での診断という出来事から、当事者と親・支援者等をつなぐ活動に尽力し、2010年に東京・西早稲田にフリースペースとしてNeccoを開設。2011年には、就労支援施設(就労継続支援B型)として、一般社団法人発達・精神サポートネットワーク(Necco・ゆあフレンズ)を設立する。

山本 純一郎 氏:
システムエンジニアとして就労しながら、仕事や生活上での自分の得手・不得手の凹凸の激しさに悩んでいる最中に、「アスペルガー症候群」「ADD(注意欠陥障害)」の診断を得る。当事者同士のシェアハウス、当事者発信のインターネット放送などの新しい試みを始め、2010年には、大阪で発達障害当事者が主宰するNPOに参画し、全国の当事者同士の交流を促す活動を推進。その後、金子氏とともにNecco開設に関わる。

会場への地図はこちら
福岡県北九州市小倉北区井堀1-3-5

大きな地図で見る


PAGE TOP