12/13(土)“ひきこもり”当事者と語る―私たちはこうして“ひきこもり”から回復した

【会場はNeccoではなく、福岡県・北九州市 西南女学院大学です。参加される方はご注意ください。講演会の詳細は主催のNPO法人nestさんのサイトからもご覧になれます。】
hikikomori_1213

“ひきこもり”当事者と語る―私たちはこうして“ひきこもり”から回復した

 「ひきこもり」が若者の問題として着目されはじめた1990年頃から20年余りが経過しました。現在その人口は、準ひきこもりを含めた推計で300万人とも言われています。加えて30代、40代の増加など、長期化、高年齢化も課題となっています。「ひきこもり」の問題は、当事者自身だけでなく、彼らを抱える家族の疲弊にもつながり、専門職でもその糸口がなかなか見つからない状況が続いています。

 そしてこれらの「ひきこもり」の問題と発達障害との親和性も論じられています。発達障害のある本人や家族、支援者、そして周囲の人間はこの課題にどのように取り組んでいけばよいのでしょうか。
 nestでは、昨年に引き続きNeccoの力強い協力を得て、“ひきこもり”当事者とその支援者との対話の機会を設けることができました。
 「ひきこもり」で行き詰っている方、「ひきこもり」にどのように向き合っていけばよいのか悩んでおられる方、「ひきこもり」のことがよくわからないという方も、少しでも関心のある方にご参加いただいて、「ひきこもり」への理解を深めていければと思います。

日時

2014年12月13日(土) 13:00-16:00 12:30-受付

場所

西南女学院大学 7号館 741教室
福岡県北九州市小倉北区井堀1-3-5 *公共交通機関でお越しください

参加費

1,000円(nest会員) 1,500円(nest非会員)

プログラム

 13:05- ひきこもり回復者の語り【三好浩之氏、坂本恵美氏】
  休憩
 14:30- ひきこもりフューチャーセッション庵の試み【一般社団法人 COYOTE 川初真吾氏】
 15:00- ひきこもりと発達障害【一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク 金子磨矢子氏】
 15:20- シンポジウム【コーディネーター 山本純一郎氏】

一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク
大人の発達障害当事者の雇用促進、およびピアサポートの活動を展開。カフェや、イベントなどをするフリースペース、グループホームなどを運営。

一般社団法人 COYOTE
ひきこもり当事者と共に新しい働き方やくらし方を創造する活動を展開。2012年ソーシャルビジネスグランプリを受賞。

お申し込みは、下記まで。①参加者氏名、②所属またはお立場、③連絡先をご記入のうえ、FAXもしくはE-mailでお申込み下さい。

特定非営利活動法人 nest 事務局
〒803-0851 北九州市小倉北区木町3丁目6-7
TEL/FAX 093-582-7018
E-mail nest-kimachi@poplar.ocn.ne.jp
ホームページ http://www6.ocn.ne.jp/~npo-nest


PAGE TOP