9/22(日)ココペリ& yuccoのライヴ

 

 

【日時】2019年9月22日(日)15:00~17:00
【場所】Neccoカフェ
【参加費】500円
【定員】20名
【主催】ココペリ、中島

 

お申込はこちらからお願いいたします。

〜タイムテーブル〜
・15時00分〜15時40分 あいさつ&前半ライヴ
・15時40分〜16時00分 トーク
・16時00分〜16時15分 休憩
・16時15分〜16時55分 後半ライヴ

お茶菓子用意してお待ちしてます( ´ ▽ ` )ノ

<出演者紹介>
・ココペリ
音楽家系5代目として生まれ育ち、幼少期からヴァイオリンを習う。
大学ではピアノのサークルに入り、昔はいやいややっていたヴァイオリンを自分の意志の再開。
それまでより急激に上達し、演奏依頼を受けるほどに。
父親譲りの表現力と、技術力が強み。
3年前に発達障害(ADHD)の診断を受け、Necco cafeを知って次第に自助活動を始めるようになる。
これまで主にプレゼンテーションを主体としたイベントを主催し、自己表現できる場を提供。
現在ボランティア活動とともに、起業家としてそれぞれの強みを生かし、固定概念にとらわれない働き方を提唱している。

・yucco
7歳よりピアノ・10歳より独学で作曲を始める。音楽の法則を独自に見つけたりも。
大阪芸大の音楽学科に入学後、優秀な成績を収めて学費免除資格など受けて卒業。
卒業後はバイトするも、他部署に目をつけられいじめを受け辞職、引きこもり・音楽ゲームへののめり込みを経て、実家に戻る。
家業を手伝い軍資金を貯め、上京して音楽活動。念願の音楽ゲームへの楽曲提供やゲームサウンドクリエイター養成機関にて後進の育成業務にあたる。
その後間も無くリストラ・結婚で音楽活動を休止。
夫のリストラ寸前の転勤・ネットの誹謗中傷・不妊治療・家族の怪我や病気のサポート・妊娠中の管理入院・早産・子のNICU入院費などを経て産後うつを発症。
心療内科での検査にて、自閉症スペクトラムの診断が下る。
ADHDの夫と、ハイブリットグレーの娘と、ギリギリの生活中。
何とか強みの音楽を活かしたく、音楽療法の勉強をしたり、オリジナル曲のライブをしたりオーケストラのピアノパートを担当したりと活動再開中。
発達の啓発活動すべく、心無い言葉や社会の圧力と闘う毎日。

 


PAGE TOP