金子書房『発達障害の「本当の理解」とは』発刊

kanekoshobo_01 kanekoshobo_02
株式会社 金子書房より、2014年11月20日発売のハンディシリーズ 発達障害支援・特別支援教育ナビ『発達障害の「本当の理解」とは-医学、心理、教育、当事者、それぞれの視点
(市川宏伸 編著)』
に、Neccoスタッフ 山本 純一郎 (発達障害当事者・世田谷区受託事業「みつけば!」ピアサポーター)の『「発達障害当事者」が 社会の多数派となる社会・その実践的事例』と題した執筆記事が掲載されました。

全国の書店で発売中です。(本体1,300円+税)
また、11月23日(日)・24日(月)に大阪にて開催の「日本LD学会・第23回大会」で、金子書房さんのブース(大阪国際会議場12階ホワイエ)にて販売します。
ご注文に関しましてはこちらからよろしくお願いいたします。
Neccoカフェでも閲覧できますので、お気軽にお手にとってみて下さい。


PAGE TOP