7/1(日)第10回グレーゾーンのための問題解決シェア会

 
開場はNeccoではありません。ご注意ください。
 
【今回のテーマ】『清潔感』
仕事でもプライベートでも人とコミュニケーションするには、好感を持ってもらった方が効果的です。
オシャレや体型よりも好印象の基盤になるのは清潔感だそうです。
でも清潔感って何??私たち発達障害グレーゾーンには分かりにくい、けど健常者にとっては当たり前な清潔感について、今回は皆で考えましょう。
【グレーゾーンとは】
医師に診断されてはいないけど「自分は発達障害では?」と思っている方や、実際に検査(WAIS-Ⅲなど)を受けた結果、発達障害の傾向があるのに診断に至らなかった方のことです。
 
【対象の方】
<グレーゾーンの方向けイベントです。会場の席の都合上、発達障害の診断をもらっている方のご参加は、原則としてご遠慮いただいています。>
・未診断ながら、ADHDやアスペルガー症候群などの発達障害傾向を自覚する方
・病院で検査を受けた結果、発達障害の傾向はあるのに診断に至らなかった方
・遅刻や忘れ物、夜型、過集中、片付けられない、こだわりが強い、マルチタスク苦手など、発達障害傾向でお困りの方
・うつ病や不安障害、双極性障害など、発達障害の二次障害でお困りの方
・学校や会社で、なんとか集団生活をしてきたけど、なじめずに発達障害を疑う方
・発達障害や精神障害の当事者のご家族、医療・福祉関係者、発達障害支援に従事されている方
 
【概要】
当会は日本初の、大人の「発達障害グレーゾーン」の方のための、限定イベントです。
医師に診断されてはいないけど、発達障害の傾向を自覚する方々、「グレーゾーンの会」に参加してみませんか?
日ごろから生活面で困っていること、仕事面で悩んでいること、工夫してうまくいったことなどを、参加者同士でシェアしてみてください。 きっと、今まで得られなかった発見や共感、安心感を得られるはずです。
 
あなたは今までに、こんな想いを抱いたことはありませんか?
・医師の診断はないけれど、発達障害の傾向があって、生活や仕事で困っている
・生きにくさを抱えていても、医療や福祉のサポートを受けられず、誰にも相談できない
・発達障害の当事者会に行っても、どこかなじめなくて浮いてしまう(自分は診断されている方に比べて「そこまで深刻ではないのかなあ……」と、孤独感や疎外感を感じる)
・自分と同じような悩みを抱える、発達障害グレーゾーンの方と話してみたい!
 
家族に理解されなかったり、友人に相談しにくかったりする方でも、同じような悩みを抱える仲間になら安心して想いを打ち明け、共感を得ることができるでしょう。
お互いの悩みを相談したり、あるある話に共感したりするだけでなく、抱えている問題に対して、具体的なプロセスや解決策を一緒に考えていく会を目指しています。
 
お茶やお菓子をいただきつつ、活発な意見を交わし、笑い声があふれるカジュアルな会です。飲食物は持ち込み自由です。
お一人でもお気軽にご参加ください。
 
【日時】2018年7月1日(日)12時30分~15時30分
12時15分 受付開始  16時 完全退室
12時15分には会場に到着できるように家を出ましょう♪
【場所】がんばれ!子供村
〒171-0032東京都豊島区雑司ケ谷3-12-9 4F研修室
【参加費】500円 お菓子とお茶を用意しています。
【主催】OMgray事務局  連絡先 info.omgray@gmail.com
【ルール】
・参加者はみな公平な立場です。人を非難するなどの攻撃的な言動や、一方的な説教はしないようにしましょう。
・宗教勧誘やネットワークビジネス、保険・金融商品販売などを目的とした参加はお断りします。発覚後は厳重に注意し、場合によっては参加をお断りします。
・イベント内外での連絡先の交換については、ご自身の判断で責任を持って行ってください。
・プライバシーを守るため、参加中に見聞きした内容は、この会以外では話さないでください。
・お互いマナーやルールを守り、気持ちのいい会にしましょう。
 
お申込みはこちらからお願いいたします。
 

 


PAGE TOP