メディア掲載


Neccoカフェのメディア掲載情報です。

スマホアプリ「東京ブックカフェ」に当店が掲載されました

Ladybirdsさん制作のiOS/Androidスマートフォンおよびタブレットアプリ「東京ブックカフェ」に当店Neccoカフェが掲載されました。
iPhone・iPadおよびAndroidスマホ・タブレットをお持ち方は、以下のリンクから「東京ブックカフェ」をぜひダウンロードしてみて下さい。

tokyo_bookcafeiTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 東京ブックカフェ

tokyo_bookcafe東京ブックカフェ – Android Apps on Google Play

IMG_2376 IMG_2377 Screenshot_2015-05-15-01-47-41

Neccoカフェの掲載情報ほか、都内各地のブックカフェ情報が満載ですので、どうぞご活用下さい。

FNNスーパーニュース「増え続ける“中高年のひきこもり”」でNeccoカフェが紹介

2015年2月17日放送「スーパーニュース」(フジテレビ系)で、「増え続ける“中高年のひきこもり”」と題したレポートが放送され、発達障害者たちの憩いの場としてNeccoカフェが紹介されました。
ひきこもり大学」でもお馴染みジャーナリストの池上正樹さん、2012年5月にNeccoでひきこもりに関する講演会で講師を務めて下さった秋田県 藤里町社会福祉協議会 常務理事の菊地まゆみさんも出演されています。
スーパーニュース スーパーニュース スーパーニュース スーパーニュース

金子書房『発達障害の「本当の理解」とは』発刊

kanekoshobo_01 kanekoshobo_02
株式会社 金子書房より、2014年11月20日発売のハンディシリーズ 発達障害支援・特別支援教育ナビ『発達障害の「本当の理解」とは-医学、心理、教育、当事者、それぞれの視点
(市川宏伸 編著)』
に、Neccoスタッフ 山本 純一郎 (発達障害当事者・世田谷区受託事業「みつけば!」ピアサポーター)の『「発達障害当事者」が 社会の多数派となる社会・その実践的事例』と題した執筆記事が掲載されました。

全国の書店で発売中です。(本体1,300円+税)
また、11月23日(日)・24日(月)に大阪にて開催の「日本LD学会・第23回大会」で、金子書房さんのブース(大阪国際会議場12階ホワイエ)にて販売します。
ご注文に関しましてはこちらからよろしくお願いいたします。
Neccoカフェでも閲覧できますので、お気軽にお手にとってみて下さい。

『ハッタツなぅ』第2号をNeccoで販売中です

ハッタツなぅ 第2号
大人の発達障害当事者のための雑誌『ハッタツなぅ』、めでたく第2号が発行されました!
NeccoスタッフならびにNeccoに集う皆様などの多彩な投稿記事が満載です。

ご購入につきましては、当面、Neccoカフェで1部100円にて販売しております。
(発送につきましては別途ご相談いただきます)

金剛出版『臨床心理学』にNecco代表理事の執筆記事が掲載

臨床心理学
株式会社金剛出版が発行する専門雑誌『臨床心理学第14巻第6号「特集:シリーズ・発達障害の理解⑥ 発達障害を生きる」にて、『成人発達障害当事者による居場所づくり』と題して、一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Neccoカフェ・グループホームねっこや)代表理事 金子磨矢子の執筆記事が掲載されました。
Necco設立に至るまでの経緯と現在までの取り組みや様々なエピソードなどが書かれておりますので、皆様ぜひお読みください。

臨床心理学』のご購読に関しましてはこちらからよろしくお願いいたします。(定価:本体1,600円+税)
またNeccoカフェでも閲覧できますので、よろしくお願いいたします。

Neccoも取材協力 池上正樹さん著『大人のひきこもり』発刊

ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」の連載シリーズ
「引きこもり」するオトナたちや、「ひきこもり大学」司会・進行でおなじみの、ジャーナリスト池上正樹さん執筆の最新刊『大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち』が2014年10月16日に全国発売されました。Neccoも取材に協力していますのでぜひお読みください。


9784062882866_obi_l
大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち
定価 : 本体800円(税別)
40歳以上のひきこもり+潜在群は推定100万人もいる。
このままでは、老後の蓄えがなく頼りの年金さえ受け取ることができず、
いずれ「老後破産」せざるをえない人が激増する可能性が高い。
どうすれば、日本に潜むこの大問題を解決できるのか。
答えのない問題が山積する時代。その答えをみんなが求めている。
しかし、専門家任せ、他人任せでは、なかなか解決できない。
支援の仕組みも、ミスマッチが起きている。
その答えを持っているのは、当事者たちである。
周囲の人たちは「上から目線」をやめて、
当事者たちの「声なき声」に、そっと耳を傾けるしかない。

親も子も、どうすればいいのか、誰に相談すればいいのかわからず、
気持ちばかりが焦ってしまう。
ハローワークを訪ねてみても、同じ求人がグルグル回る「カラ求人」や、
非現実的な「神様スペック」を求める企業が少なくない。
そうこうしているうちに、時間だけが過ぎていき、
やがて家族ごと地域の中に埋没してしまう――。
ひきこもりが「長期化」「潜在化」する背景と、
外に出るための新たな取り組みを探った。
【著者プロフィール】
池上正樹(いけがみ・まさき)
1962年、神奈川県生まれ。大学卒業後、通信社勤務を経て、フリーのジャーナリストに。おもな著書に『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『ドキュメントひきこもり』(宝島社新書)、『痴漢「冤罪裁判」』(小学館文庫)、『ふたたび、ここから 東日本大震災・石巻の人たちの50日間』(ポプラ社)、共著書に『石巻市立大川小学校「事故検証委員会」を検証する』(同)がある。現在、ダイヤモンド・オンラインにて「「引きこもり」するオトナたち」を連載中。

週刊ダイヤモンド9.27号にNeccoカフェが掲載されました

ダイヤモンド社が発行する週刊ダイヤモンド 2014年9月27日号の特集2「増加する大人の発達障害 職場はどう向き合うか」中のコラム「当事者同士が交流し発信する 発達障害の大人が集うカフェ」としてNeccoカフェが紹介されました。

Neccoもたびたび取り上げられた、ダイヤモンド・オンライン「引きこもり」するオトナたちでもおなじみのジャーナリスト、池上正樹さんと加藤順子さん執筆の特集記事となっていますので、他のページともあわせてぜひお読みください。


全国の書店・コンビニならびに以下のAmazonリンク等で発売中です。

週刊ダイヤモンド2014年9/27号[雑誌]特集1 激変 お金持ちに学ぶ殖やし方、使い方//特集2 増加する大人の発達障害

また、電子ブックリーダーKindleもしくはKindleアプリをお持ちの方は、この特集記事のKindle版をダウンロードいただけます。ぜひご覧下さい。

増加する大人の発達障害 職場はどう向き合うか 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.69)[Kindle版]

NHK「首都圏ネットワーク」他にNeccoかんもくの会が登場


2014年7月23日のNHK総合テレビ「首都圏ネットワーク」と「首都圏ニュース845」にて、『「場面かん黙」を知っていますか?』と題して、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)についての特集が放映されました。(茨城県を除く関東地方1都5県のみ放映です)
Neccoでの「かんもくの会」取材シーンも登場しました。


「場面かん黙」を知ってますか?

家族では普通に会話ができるが、幼稚園や学校などでは不安や緊張で会話ができなくなる「場面かん黙」。神奈川県内に住む女の子は保育園に入り症状が出始めた。「場面かん黙」の症状について長野大学・高木潤野講師は、できるだけ早く発見することが大切だと語った。

北九州市人権啓発映画「秋桜の咲く日」にNeccoが取材協力

kosumosunosakuhi_1 kosumosunosakuhi_2
Neccoも取材に協力しました、平成25年度 北九州市人権啓発映画
秋桜コスモスの咲く日」
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/18000009.html

企画:北九州市・北九州市教育委員会・北九州市人権問題啓発推進委員会
制作:東映
出演:平山あや・大野拓朗・石橋蓮司 ほか
プロデューサー:中鉢裕幸 監督:高橋浩 脚本:山上梨香

が完成しました。

この作品はアスペルガー症候群の青年が主人公の映画で、北九州市内に居住の方又は北九州市内の学校・事業所等に通学・通勤する方を対象に貸し出しが行われています。

『秋桜の咲く日』の貸し出しについては下記の北九州市内各所までお問い合わせ下さい。
(詳細は下記人権推進センターまでお問合せください。)
・北九州市人権推進センター 大手町ムーブ8F TEL 093-562-5010
・北九州市立八幡西図書館 TEL 093-642-1186
・北九州市立視聴覚センター(小倉北区) TEL 093-561-3131
・生涯学習総合センター(小倉北区) TEL 093-571-2735
・小倉南生涯学習センター TEL 093-931-1286
・戸畑生涯学習センター TEL 093-882-4281
・区役所コミュニティ支援課(小倉北区・小倉南区・戸畑区を除く)
 門司区  093-331-1881(内線642)、若松区  093-761-5321(内線644)
 八幡東区 093-671-0801(内線641)、八幡西区 093-642-1441(内線643)
・地域交流センター
 新門司 093-481-4599、下富野 093-521-3266、貴船 093-921-5303、
 山田 093-581-4159、北方 093-931-6594、徳力 093-961-0175、
 蜷田 093-961-0964、楠橋 093-617-0308、木屋瀬 093-617-7980

この作品のご購入・お問い合わせは
東映株式会社 教育映像部までお願いいたします。
http://www.toei.co.jp/release/edu/1203490_977.html
http://www.toei.co.jp/edu/cont01/__icsFiles/afieldfile/2014/04/02/kosumosunosakuhi.pdf

Neccoでの「ハートネットTV」「バラバラ」の様子が沖田×華さんの漫画に


Neccoで2014年4月11日に発達障害当事者の漫画家 沖田×華(おきたばっか)さんを迎えて開催されたインターネット番組中継「バラバラ」と、ドキュメンタリーとして密着取材され2014年5月25日に放送されたNHK Eテレ「ハートネットTV ブレイクスルー File6 弱点を笑い飛ばす 発達障害の漫画家 沖田×華」の模様が「別冊本当にあった笑える話(ぶんか社・刊)」6月号7月号と2回にわたり、連載漫画「毎日やらかしてます」に掲載されました。
Neccoスタッフほか、「バラバラ」番組出演者の皆さんの様子が活き活きと描写されていますので、お楽しみに。
本屋さんまたは以下のAmazonリンク等で発売中ですので、ぜひお読みください。Neccoカフェでも閲覧できます。

NHKニュースで映画「シンプル・シモン」座談会の模様が放映されました

2014年6月13日に発達障害のひとつ、ディスレクシア当事者の砂長美んさんと映画「シンプル・シモン」の配給会社フリッカ ポイカさんをお迎えしてNeccoで開催された「アスペルガーあるある座談会―映画『シンプル・シモン』でひもとく発達障害」の模様が、翌朝のNHKニュース「おはよう日本 関東甲信越」で放映されました。


映画で発達障害への理解深める

発達障害の青年を描いた映画を題材に、障害の特徴について理解を深めてもらおうという勉強会が、13日夜、東京都内で開かれました。

この勉強会は、発達障害のある人たちを支援している団体などが開いたもので、
障害がある人のほか一般の市民も参加しました。
東京・新宿区の会場では、発達障害の1つ「アスペルガー症候群」の青年を描いた映画が上映され、
参加者たちは、障害の特徴が行動に表れる場面を見ながら、障害のある人たちから説明を受けました。
このうち、食事の時間や内容が予定と違ったことで青年がパニックになる場面では、
障害のある男性が「発達障害の人は決めたとおりにならないと不安になるんです」と解説しました。
また、青年が相手の意図を理解できずうまく会話できない場面では、
障害のある女性が「発達障害のある人はあいまいな表現を理解できません」などと説明しました。
参加者の間からは「障害が原因で仕事でミスをしてしまうが、上司に理解してもらうにはどうすればよいか」
などといった質問が相次ぎ、説明役の男女が「上司に発達障害の特徴を説明して、
自分にあった仕事に変えてもらってはどうか」などと答えていました。
勉強会に参加した40代の女性は、「映画を見ながらだったのでとても分かりやすかったです。
発達障害への理解がもっと進むといいと思います」と話していました。

2014/6/19 Japan TimesにNecco Cafeほか発達障害の記事が掲載

日本を代表する英字新聞、ジャパンタイムズ(The Japan Times)2014年6月19日付に、Neccoカフェほか大人の発達障害を扱った記事が掲載されました。
カフェのスタッフとして金子磨矢子と加茂谷洋子ほかのお話が掲載されています。
詳しくはリンク先をぜひご覧ください。

Cafe caters to mentally disabled | The Japan Times (KYODO)
http://www.japantimes.co.jp/news/2014/06/19/national/cafe-caters-to-mentally-disabled/

japantimes_20140619

月刊誌『SAPIO』「大人の発達障害」特集にNeccoスタッフの取材記事が掲載

6月10日発売の小学館『SAPIO』2014年7月号に、「“怠け者”や“KY”と言われ……「大人の発達障害」と共に生きる」(医療ジャーナリスト 伊藤隼也さんとSAPIO取材班)/p.24~26)と題して、Neccoスタッフの取材を含む記事が掲載されました。

sapio_201407_24_25sapio_201407_26

お近くの書店等で発売中です。または以下のAmazonのリンクから直接ご購入できます。
Neccoカフェでも閲覧できますので、ご興味のある方はどうぞ。

sapio_201407
SAPIO (サピオ) 2014年 07月号 [雑誌]

人権学習教材ビデオにNecco職員が出演しました

imagination_表 imagination_裏
imagination_01 imagination_02 imagination_03
平成25年度 東京都教育委員会・企画、東映株式会社・制作の人権学習教材ビデオ「imagination 想う つながる 一歩ふみだす」に、一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco・ゆあフレンズ)職業指導員の 山本純一郎と、アスペルガー当事者のシンガーソングライター、堀川ひとみさんが出演しました。

このDVDは34分構成となっており、ラジオ番組のメインパーソナリティ サヤカ役に元AKB48の女優、秋元才加さんが出演、架空のラジオ番組「サヤカのTOKYO IMAGINE」に届く様々な悩み相談を通じて
「子供の人権-いじめ問題」「同和問題」「障害者の人権-発達障害-」のそれぞれ3部のドラマやドキュメントで構成されています。
発達障害について、御茶の水女子大学大学院教授、榊原洋一先生の解説も収められています。

DVDには、上記の映像のほか、紙資料用のデータとして活用の手引やワークシート、いじめ、同和問題、発達障害に関する資料が収められており、
パソコンで開くことにより、さまざまな学習現場で活用できるようにもなっています。

主に東京都内の社会教育関係団体や学校等に配布され、人権学習の教材として、授業等に活用されるそうです。

このDVDの視聴・貸出についてのお問い合わせは以下の人権ビデオライブラリーその他機関までお願いいたします。

東京都教職員研修センター(人権教育資料センター)
〒113-0033 東京都文京区本郷1-3-3 TEL:03-5802-0306
http://www.kyoiku-kensyu.metro.tokyo.jp/08ojt/jinken/index.html
東京都人権プラザ(ビデオライブラリー)
〒111-0023 東京都台東区橋場1-1-6 TEL:03-3876-2961
http://www.tokyo-jinken.or.jp/book/index_tosho.html
公益財団法人 人権教育啓発推進センター(人権ライブラリー)
〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F TEL:03-5777-1919
http://www.jinken-library.jp/
昭島市社会教育課社会教育係
〒196-8511 東京都昭島市田中町1-17-1 TEL:042-544-5111 内線2253
https://www.city.akishima.lg.jp/0200manbuasobu/314ManabuAsobuSub/05010400manabu05.htm

このDVDに関するお問い合わせはこちら
東京都教育庁地域教育支援部生涯学習課
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 TEL:03-5320-6864

信濃毎日新聞(夕刊)にNeccoの活動が紹介されました

shinmai_20140524
5月24日付の信濃毎日新聞(夕刊)社会面に「発達障害者同士 悩み分かち合う-新宿の大人向けカフェに注目」と題した記事でNeccoの活動が紹介されました。
長野県塩尻市の当事者会「生きづらさを抱える人のコミュニティー・あずさの会」の案内記事も併せて掲載されています。ぜひご一読下さい。

日本自閉症協会『いとしご』146号に当職員の執筆記事が掲載されました

itoshigo_146_02 itoshigo_146_01
社団法人 日本自閉症協会発行のASJニュース『いとしご』146号 p.8~9に当法人職員 山本 純一郎 の、今年3月29日に開催された世界自閉症啓発デー2014シンポジウムに関する執筆記事が掲載されました。
この記事は日本自閉症協会の会員全員に配布されますのでぜひお読み下さい。
Neccoカフェでも閲覧可能です。

5/14付SANKEI EXPRESSにNeccoの記事が掲載されました

sankei_ex_140514_1_s sankei_ex_140514_2_s
2014年5月14日付の新聞「SANKEI EXPRESS」の特集「まぜこぜエクスプレス Vol.7」の記事のなかで「アスペルガーの人たちのカフェ」と題して、Alternative Space Neccoが紹介されました。

この記事が掲載された「SANKEI EXPRESS」は首都圏の駅売店にて発売されました。バックナンバーのお取り寄せはこちらから

特集「まぜこぜエクスプレス」は東ちづるさん他の記事で、全面にわたりアスペルガー症候群など様々な障害の記事が充実しています。こちらも併せてぜひお読みください。

インターネット上にも掲載されていますので、ぜひお読みください。

【まぜこぜエクスプレス】アスペルガーの人たちのカフェ 2014.5.14 17:51掲載|MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140514/bdy14051417510006-n1.htm

NHKニュースで「ひきこもり大学」が放映されました

Neccoも協力して開催された「ひきこもり大学in東京 こもっていいとも?!」の模様がNHKニュースで放映されました。


支援考える「ひきこもり大学」

長期間、自宅に閉じこもるいわゆる「ひきこもり」の当事者が、みずからの体験や思いを訴えることで本当に必要な支援の在り方を考えてもらおうという勉強会が、東京・新宿区で開かれました。
「ひきこもり大学」というこの勉強会は、ひきこもりになった人たちなどのグループが開いたもので会場では主な原因別に「メンタルヘルス学部」、「失業学部」、それに「発達障害学部」と分けてそれぞれ、当事者が自分の経験や思いを語りました。
このうち、「発達障害学部」では、11年間にわたってひきこもり生活を過ごした30代の男性が講師を務め、いくつもの病院を回ったものの原因が分からなかったが、最後に発達障害と診断されたことで気持ちが前向きに変わったという体験を語りました。
この男性は、現在は、東京にある引きこもりの人が集うシェアハウスで生活していて「地方では引きこもりの原因が分かりづらく受け皿もないので、なんとか居場所を作って欲しい」と訴えていました。
主催したジャーナリストの池上正樹さんは、「ひきこもりに対する支援は当事者が希望するものと家族や行政が用意するものとの間にずれがあるので本当に必要なものを当事者の話から考えて欲しい」と話しています。

4/25(金)NHK『バリバラ』にNecco職員が出演します

autism_day NHK バリバラ【生放送】つながるTV
来たる4/25(金)よる9:00から放送の、NHK Eテレ『バリバラ〜障害者情報バラエティー〜』に「【生放送】つながるTV」と題した企画のなかで、
4/2の世界自閉症啓発デーに行われた東京タワー・ブルーライトアップの模様を伝えるリポーターとして、一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco・ゆあフレンズ)職員の山本純一郎(にゃん)が出演予定です。(このコーナーは収録済みの映像です)

当日は生放送なので、ツイッターにより@nhk_baribara宛に送信することで、番組に意見を寄せることもできます。皆さんぜひご覧ください。
番組詳細は以下のリンクからご覧ください。(NHKサイトへ飛びます)

NHK バリバラ|これからのバリバラ
http://www.nhk.or.jp/baribara/schedule/index.html

世界自閉症啓発デー2014シンポジウムの模様が動画配信されました


2014年3月29日に行われた、世界自閉症啓発デー2014シンポジウムの模様が厚生労働省の公式YouTubeチャンネルに掲載されました。
4月2日の世界自閉症啓発デーの、東京タワー・ブルーライトアップの点灯式の模様も併せて掲載されています。

一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco・ゆあフレンズ)職業指導員・生活支援員の 山本純一郎 によるシンポジウムでの発表やパネルディスカッションの模様も収められていますので、ぜひご覧ください。

ビッグイシュー基金『若者応援プログラム集』にNeccoが紹介されました

若者応援プログラム集_表紙 wakamono_62_63
ビッグイシュー基金では、若者ホームレス支援事業に続く2013年度の事業として、社会的困難を抱える若者を応援するためのネットワークづくりに取り組んできました。
個別的な支援をこえ、若者が抱える複合的な問題を互いに連携して解決していくために、若者支援団体が分野の垣根を越えてそれぞれのプログラムを共有するためのツールとして『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』をつくりました。

この冊子の62ページから見開き2ページにわたり、当法人 一般社団法人 発達・精神サポートネットワークの運営する各事業(就労継続支援B型事業所ゆあフレンズ/グループホームねっこや/Neccoカフェ)が紹介されましたのでぜひご覧ください。

Neccoカフェでも閲覧できます。
『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』冊子をご希望の方は以下のリンク先から送料のみご負担で無料でお申込が可能です。

『社会的不利・困難を抱える若者応援プログラム集』が完成しました|活動報告・イベント案内|ビッグイシュー基金
http://www.bigissue.or.jp/activity/info_14033101.html

婦人公論別冊3/15号増刊にNeccoを含む取材記事が掲載されました

2654_issue_img
『婦人公論』別冊「曽野綾子さんに学ぶ人生後半の潔い生き方」2013年3月15日号増刊に、「ルポ・生きづらさの理由 大人の発達障害を知っていますか?」(取材・文 田中有さん/p.30~33)と題してNecco、金子磨矢子理事長およびスタッフの取材を含む記事が掲載されました。(昨年3月に発売された『婦人公論』2013年3月7日号に掲載された記事の再掲となります)
お近くの書店等で発売中です。

曽野綾子さんに学ぶ人生後半の潔い生き方 – 婦人公論.jp
http://www.fujinkoron.jp/number/post_4.html

新宿区「社会資源マップ」の施設紹介に掲載されました

social_resouces_top
your_friends_map_01 neccoya_map_01
新宿区福祉部障害者福祉課が発行する「障害のある人を地域で支えるための『社会資源マップ』~施設紹介~(第二版)」に、
当法人 一般社団法人 発達・精神サポートネットワークの運営する就労継続支援B型施設「ゆあフレンズ」と共同生活援助施設「グループホームねっこや」の施設紹介が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

冊子版は、新宿区福祉部障害者福祉課(新宿区役所本庁舎2階2番窓口)で配布しています。
ホームページ版は、新宿区のホームページからPDFファイルへのリンクをご覧ください。

まんが『発達障害のある子の世界 ごもっくんはASD』発売

gomokkun_asd
まんが『発達障害のある子の世界 トビオはADHD』発売からはや7年、一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco・ゆあフレンズ)スタッフの大橋ケンが満を持してお送りする、
まんが第2弾『発達障害のある子の世界 ごもっくんはASD』がついに発売となりました!
当事者である大橋ケン自身の画才もさることながら、当事者と専門家が協力し合い完成されたこの作品をどうぞご堪能下さい。

全国の書店、または以下のAmazonのリンク先などで発売中です。

週刊朝日MOOK『新「名医」の最新治療2014』に掲載

meii_2014_front
meii_2014_1
meii_2014_2
週刊朝日2013年7月12日号に掲載されました、
「知って得する!新・名医の最新治療 Vol.286 大人の発達障害」記事の「セカンドオピニオン」に、ライター・石井悦子さんによる一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Alternative Space Necco・Neccoカフェ・ゆあフレンズ・グループホームねっこや)理事長 金子磨矢子の取材記事が、装いも新たにカラー化され12月10日に『新「名医」の最新治療2014」に再掲載されました。
ぜひご覧ください!売店・書店・コンビニエンスストア、または以下のAmazonのリンク先などで発売中です。

フランスのニュース専門局『France 24』でNeccoを含む取材レポートが放映

FRAN131029-0640-Live.mp4_000365800
FRAN131029-0640-Live.mp4_000330800
2013年10月29日にフランスの国際ニュース専門チャンネル『France24』で日本のひきこもり問題に関する取材レポートが放映されました。

Necco4階で行われた、ひきこもり問題に詳しいジャーナリストの池上正樹さんが主宰するひきこもり当事者の会合風景、および
Neccoカフェでの一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco・ゆあフレンズ・グループホームねっこや)理事長 金子磨矢子のインタビューシーンもありますので、ぜひご覧ください。
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=a1ZGVkU-BPM[/youtube]
記事はこちら(フランス語)
29/10/2013 L’isolement volontaire touche plus de 200 000 Japonais – ASIE DIRECT – France 24
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=8haUcJ6x94A[/youtube]
記事はこちら(英語)
29/10/2013 Over 200,000 Japanese citizens living as recluses – ASIA LIVE – France 24

月刊『ノーマライゼーション』にNeccoの記事が掲載されました

normalization
normalization_1
normalization_2
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会が発行する月刊誌『ノーマライゼーション 障害者の福祉』2013年11月号の「列島縦断ネットワーキング」コーナーにて、『<東京>発達障害者による発達障害者のための就労支援施設「Necco」』と題して、一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco・ゆあフレンズ・グループホームねっこや)理事長 金子磨矢子の執筆記事が掲載されました。
おかげさまで最近ではいろいろな形でマスコミの取材を受け、ご紹介いただける機会が増えてまいりましたが、今回の記事はNecco自らの手により発信する記事となりますので、ぜひお読みいただけると幸いです。

月刊ノーマライゼーションのご購読に関しましてはこちらからよろしくお願いいたします。
またNeccoカフェでも閲覧できますので、よろしくお願いいたします。

日本テレビ系「NNNドキュメント」にNecco当事者研究会の模様が放映されました

NNNドキュメント
NNNドキュメント
NNNドキュメント
2013年10月20日(日)に日本テレビ系全国ネットで放送された「NNNドキュメント’13『見える障害のあなた 見えない障害の私』」に、Necco当事者研究会発起人の綾屋紗月さんと、一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco)理事でもあります熊谷晋一郎さんが出演され、Neccoカフェ(Alternative Space Necco)での当事者研究会の模様もオンエアされました。

番組のあらましは以下の通りです。

放送:2013年10月20日(日)25:20~25:50(日本テレビ系全国ネット)
再放送:2013年10月27日(日) 11:00~11:30(BS日テレ)
2013年10月27日(日) 18:30~19:00(CS「日テレNEWS24」)

「見える障害のあなた 見えない障害の私」

電動車椅子で街を移動する男性と、その後ろに乗って共に移動する女性がいる。女は男を介助している…人はそんな風に見るに違いない。だが、彼女にも“見えない障害”があった。アスペルガー症候群の綾屋紗月さん(39)と脳性マヒで小児科医の熊谷晋一郎さん(36)。東京大学先端科学技術研究センターに籍を置く二人は共同研究者であり、私生活でもパートナーだ。研究テーマは綾屋さん自身の“発達障害”。今、急増していると言われていて「コミュニケーション」や「社会性」の障害とされる。二人は、日常生活で起こったトラブルを研究し、発達障害当事者の心身に起きていることを解明しようとしているのだ。「一体、障害とはなんだろう?」異なる障害を抱える二人の日々は、そんな問いを私たちに投げかける。

番組サイトでの紹介はこちら⇒http://www.ntv.co.jp/document/back/201310.html

『ネットワーク』326号(2013年10・11月号)にNeccoの取材記事が掲載

ネットワーク326号(2013年10・11月号)
ネットワーク326号(2013年10・11月号) ネットワーク326号(2013年10・11月号)

東京ボランティア・市民活動センターが発行するボランティア・NPO・市民活動を応援する機関誌「ネットワーク」326号(2013年10・11月号)に、特集『「貧困」って何だ!?』中の取材記事『当事者が発する、生き方・働き方』として、見開き4ページで当法人の活動が詳細にわたり紹介されました。ぜひお読みください。
「ネットワーク」のお求めは東京ボランティア・市民活動センター宛にお電話・FAX・Webサイトから可能です。
もしくはNeccoカフェでも閲覧可能です。

『ハッタツなぅ』創刊号をNeccoで販売中です

ハッタツなう 創刊号
大人の発達障害当事者のための雑誌『ハッタツなぅ』がNeccoからめでたく創刊されました!
Neccoスタッフならびに利用者、Neccoカフェのお客様、社会保険労務士などの多彩な投稿記事が満載です。

ご購入につきましては、当面、Neccoカフェで1部100円にて販売しております。
(発送につきましては別途ご相談いただきます)

日本自閉症協会『いとしご』142号に当職員の執筆記事が掲載されました

itoshigo_142 itoshigo_142_yamamoto

社団法人 日本自閉症協会発行のASJニュース『いとしご』142号 p.7に当法人職員 山本 純一郎 の執筆記事が掲載されました。
この記事は日本自閉症協会の会員全員に配布されますのでぜひお読み下さい。
Neccoカフェでも閲覧可能です。

Neccoも全面協力『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』発刊のお知らせ

ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」の連載シリーズ
「引きこもり」するオトナたちでおなじみの、ジャーナリスト池上正樹さん執筆の最新刊『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』が2013年9月18日に全国発売されました。Neccoも取材に全面協力していますのでぜひお読みください。


ポãEラ新書_カバãE1309.inddこの「生きづらさ」の正体とは?
コミュニケーションが極度に苦手で、ずっといじめられてきたM君。大学卒業後に就職した職場でもバイト先でも、どこへ行っても浮き上がり、ついには人前に出られなくなる。実家に10年以上もひきこもった後、「変わりたい」と一念発起。被災地へのボランティア、東京での一人暮らし、生活保護受給を経て、就労への一歩を踏み出していく。福祉制度と個人の「生きづらさ」のメンタリティーが織りなす迫真のドキュメント。
【著者プロフィール】
池上正樹(いけがみ・まさき)
1962年生まれ。大学卒業後、通信社勤務を経て、フリーに。1997年から日本の「ひきこもり」現象を追いかけ始める。著書に『ドキュメントひきこもり「長期化」と「高年齢化」の実態』(宝島社)、『ふたたび、ここから 東日本大震災・石巻の人たちの50日間』(ポプラ社)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(共著、青志社)など。

ダイヤモンド・オンラインの連載記事にNeccoが再度紹介されました

“大人の発達障害”の人が依存症に陥るケースも一筋縄ではいかない依存から脱却する方法|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンライン
“大人の発達障害”の人が依存症に陥るケースも 一筋縄ではいかない依存から脱却する方法

ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」の連載シリーズ
「引きこもり」するオトナたちの第167回特集にて、先日9月13日に開催された世田谷区主催「発達障害の支援のあり方を考えるシンポジウム」での当法人理事長 金子磨矢子の発言が記事として掲載されました。
記事の取材、執筆をいただいたジャーナリストの池上正樹さんは大人の引きこもり問題をライフワークとして活動されています。

以下のリンクから記事をご覧ください
“大人の発達障害”の人が依存症に陥るケースも 一筋縄ではいかない依存から脱却する方法
http://diamond.jp/articles/-/32634

連載シリーズ「引きこもり」するオトナたちでは以下の記事でもNeccoが取り上げられておりますので、あわせてぜひご覧ください。
求刑超えの判決から一転、減刑へ 「発達障害40代男性」を殺人犯にしたのは誰か
http://diamond.jp/articles/-/20394

日本初!大人の発達障害の人々が運営する ブックカフェ「Necco」で自分らしく働く若者たち
http://diamond.jp/articles/-/20394

不正受給問題であたかも犯罪者扱い!?生活保護受給者が脅える凄惨な仕打ちと悲惨な日常
http://diamond.jp/articles/-/19744

フリーペーパー「EnCulture」にNeccoカフェの広告掲載

enculture enculture-koukoku
早稲田大学所沢キャンパス内で配布されているフリーペーパー「EnCulture」にNeccoカフェの広告が掲載されました。
この広告は発達障害当事者のNecco職員自らのデザインによるものです。

Neccoカフェでも配布しておりますので、ぜひお手にとってみてください。

都内福祉職向けの精神保健福祉研修で当職員が講師を務めました

11hattatsu1
さる2013年7月19日、世田谷区の烏山区民会館にて、東京都立中部総合精神保健福祉センター主催の精神保健福祉活動に従事する職員等を対象とした精神保健福祉研修「発達障害概論」の講師として、
当法人職員の山本純一郎が当事者の立場として「当事者の思い~私の場合~」と題して講義を行いました。多数の方にご聴講いただきありがとうございました。

精神保健ジャーナル「ゆうゆう」64号に掲載されました

萌文社発行の精神保健ジャーナル「ゆうゆう」64号に、6ページにわたり特集記事「Alternative Space Necco(東京・西早稲田)を訪ねて」が掲載されました。
長時間にわたる熱心な取材をしていただきました、萌文社ゆうゆう編集委員の皆様に厚く御礼申し上げます。
精神保健ジャーナル「ゆうゆう」ご購読お申込みはこちらからお願いいたします。
また当記事が掲載された「ゆうゆう」はNeccoカフェでもご覧になれます。
yuuyuu_201364
yuuyuu_201364_01
yuuyuu_201364_02
yuuyuu_201364_03

週刊朝日 2013年7月12日号にNeccoの記事が掲載

15058
weekly_asahi_20130712_2 weekly_asahi_20130712_1
本日発売の週刊朝日2013年7月12日号「知って得する!新・名医の最新治療 Vol.286 大人の発達障害」記事の「セカンドオピニオン」に、ライター・石井悦子さんによる一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Alternative Space Necco・Neccoカフェ・ゆあフレンズ・グループホームねっこや)理事長 金子磨矢子の取材記事が掲載されました。
通常ですとセカンドオピニオンのコーナーは医師の方が担当することが多いそうなので、必見です。ぜひご覧ください!売店・書店・コンビニエンスストア等で発売中です。

東京新聞へ取材協力した記事が掲載されました(2013/6/25付記事)

tokyo_shimbun_20130625
2013年6月25日(火)東京新聞(中日新聞)18面の掲載記事「成人への処方、一定効果 ADHD治療薬ストラテラ」に一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco)も取材協力しています。どうぞご覧ください。

週刊新聞「東京民報」6月16日号に掲載

tokyominpo
東京民報社発行の週刊新聞「東京民報」2013年6月16日号 第2面の記事「社会全体で支援を 学習障害 ディスレクシアの砂長さんら」として、一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク理事長 金子磨矢子と、発達障害の一つ、ディスレクシア当事者でユーロデリ社長の砂長宏子さん、一般社団法人ペガサス代表理事の木村志義さんら、当事者および支援団体の立場で積極的に活動してきた仲間とともに参議院議員 田村智子さんを訪ねて要請と懇談を行い、その一部始終が掲載されました。

掲載紙はNeccoカフェでもご覧になれますので、ぜひご覧ください。

NHK「ハートネットTV」にNeccoスタッフが出演しました

heart_net_tv_20130612_01
heart_net_tv_20130612_02
2013年6月12日(水)にNHK Eテレで放送された「ハートネットTV シリーズ 発達障害の子どもとともに 反響編 思春期の二次障害と向き合う」に、「発達障害の子どもと向き合う親・教師のみなさん」の一員として、一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Alternative Space Necco・Neccoカフェ・ゆあフレンズ・グループホームねっこや)理事長 金子磨矢子と生活支援員 加茂谷洋子が出演いたしました。

4月の月間特集として放送された「発達障害の子どもとともに」はNeccoでも水曜勉強会の題材として取り上げられ、Neccoに来られる当事者の皆さんからも非常に反響の高いテーマでした。今回やシリーズ通しての放送の感想やご意見などもNeccoカフェや今後開催されるイベント等で話し合えると幸いです。

2013年6月19日(水)13:05~13:34にNHK Eテレで再放送されますので、見逃した方もこの機会にぜひご覧ください。

「まごころサービスだより」6月号に掲載されました

magokoro_service_06_1 magokoro_service_06_2
NPO法人東京山の手まごころサービス・WACまごころサービス東京センターが発行する「まごころサービスだより」6月号の「まごころNEWS⇒自分らしく生きる」コーナーに、Neccoカフェでバリスタとして働く中根毅さんの記事が掲載されました。
Neccoカフェでも閲覧できますので、ご来店の際にはぜひご覧ください。

フリーペーパー「わせばば」2013年春号に掲載されました

wasebaba
西早稲田商店会が発行するフリーペーパー「わせばば」2013年春号にNeccoカフェが掲載されました。
「Wi-Fi(無線LAN)が使える飲食店」としても掲載されています。
Neccoカフェほか西早稲田商店会各店で無料配布されていますので、ぜひご覧ください。

「世論時報」平成25年4月号にNeccoの取材記事が掲載されました

seronjihou_2504 seronjihou_2504_dx
世論時報社発行の「世論時報」平成25年4月号にフードショップ「ユーロデリ」経営の砂長美んさんによる連載「ディスレクシア?第6回 解決法“美ん”とその仲間たち** 『安心して相談できる場所』」にNeccoの取材記事が掲載されました。砂長美んさんによる金子磨矢子代表との楽しいインタビュー記事となっておりますので、ぜひご覧ください。

Neccoカフェでも記事を閲覧できますので、どうぞお越しください。

石坂わたるさん(中野区議)の会報「たつのこ通信」に記事が掲載

tatsunoko_08
石坂わたるさん(中野区議会議員)の会報「たつのこ通信」Vol.08(3月号)「学習会レポート~多様な当事者活動を学ぶ」で、参加者として登壇した一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco・ゆあフレンズ)理事長の金子磨矢子が記事に登場しました。
石坂わたるさんはNPO法人障害者の就労を進める会「そら」の、地域のコミュニティカフェキッチンそらの監事としても積極的に活動されています。Neccoも幅広く活動に協力しています。

ダイヤモンド・オンラインの連載記事『「引きこもり」するオトナたち』第142回

求刑超えの判決から一転、減刑へ 「発達障害40代男性」を殺人犯にしたのは誰か|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンライン
求刑超えの判決から一転、減刑へ 「発達障害40代男性」を殺人犯にしたのは誰か

ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」の連載シリーズ
「引きこもり」するオトナたちの第142回特集にて、Neccoカフェおよび理事長の金子磨矢子のコメントが記事として掲載されました。
記事の取材、執筆をいただいたジャーナリストの池上正樹さんは大人の引きこもり問題をライフワークとして活動されています。

以下のリンクから記事をご覧ください
求刑超えの判決から一転、減刑へ 「発達障害40代男性」を殺人犯にしたのは誰か
http://diamond.jp/articles/-/32634

連載シリーズ「引きこもり」するオトナたちでは以下の記事でもNeccoが取り上げられておりますので、あわせてぜひご覧ください。
日本初!大人の発達障害の人々が運営する ブックカフェ「Necco」で自分らしく働く若者たち
http://diamond.jp/articles/-/20394

不正受給問題であたかも犯罪者扱い!?生活保護受給者が脅える凄惨な仕打ちと悲惨な日常
http://diamond.jp/articles/-/19744

2013/2/24 かわさきFM「堀川ひとみのうたの国から」にNeccoスタッフが生出演

kawasaki_fm



2013年2月24日放送 かわさきFM K-City「Dream Kingdom 堀川ひとみのうたの国から」に一般社団法人 発達・精神サポートネットワーク(Necco)理事長 金子磨矢子とIT広報アドバイザー 山本純一郎(にゃんまげ)が生出演しました。Neccoでもたびたびライブを開催して下さる堀川ひとみさんとともに、リスナーの皆さんから寄せられたNeccoについてのお便りに答えるなど、10分以上にわたり3人でたっぷり語りつくしました。詳しくは動画をご覧ください。
Neccoでは毎月第3日曜日にこの番組のレギュラーコーナー“ウィークリーポッドキャスト「Neccoの部屋」”を担当していますので、ぜひお聞きください。
この番組は川崎市内(79.1MHz)および全世界にサイマルラジオでインターネット同時中継をしています。

かわさきFM K-City(番組表:日曜日)
https://ssl01.smart-h.com/kawasakifm/time_table07_sun.html
サイマルラジオをお聞きの方はこちら
http://www.simulradio.jp/asx/kawasakifm.asx

『婦人公論』2013年3月7日号にNeccoを含む取材記事が掲載されました

2320_issue_img fujin_koron_03 fujin_koron_03_2
『婦人公論』2013年3月7日号(2月22日発売)の、「特集 人づきあいで苦労するひと、楽しめるひと」の中で「ルポ・もがきながら向きあって 生きづらいのは“大人の発達障害”のせい?」(取材・文 田中有さん/p.32~35)と題してNecco、金子磨矢子理事長およびスタッフの取材を含む記事が掲載されました。

お近くの書店等で発売中です。
最新号目次、ならびにご注文はこちらからよろしくお願いします。
http://www.fujinkoron.jp/newest_issue/

2013年1月24日放送 読売テレビ『かんさい情報ネット ten!』特集

ten_02 ten_mayako
2013年1月24日放送 『殺人で求刑超える判決「発達障害で社会に受け皿が…」』特集にて、Neccoカフェでのイベント風景が取材され、放映されました。(関西地区のみ放映)

読売テレビ『かんさい情報ネット ten!』
http://www.ytv.co.jp/ten/


2013年1月24日放送 ytv 「かんさい情報ネット ten!」 殺人で求刑超える判決…

『月刊福祉』2013年2月号

月刊福祉_表紙全国社会福祉協議会発行の『月刊福祉』2月号にNeccoの詳細な取材記事が掲載されました。記事の詳細は、Neccoカフェでもお読みいただけますので、お気軽にお声かけ下さい。
また、記事の掲載された月刊福祉の注文も可能です。詳細については以下のリンクからご覧下さい。
月刊福祉(2013年02月号)


月刊福祉_1月刊福祉_2

北東京生活クラブ生協機関紙『街かど』2012年11月号

街かど 2012年11号
北東京生活クラブ生活協同組合の発行する機関紙『街かど』2012年11月号にNeccoカフェとゆあフレンズの取材記事が掲載されました。
運営主体の一般社団法人 発達・精神サポートネットワークは北東京生活クラブ生活協同組合の費用援助による助成を受けています。

日本発達障害ネットワーク(JDDNET)会報第14号

発達障害のある人およびその家族に対する支援、啓発活動を行う全国連合会組織の
一般社団法人日本発達障害ネットワーク(JDDネット)会報第14号にNeccoの取材記事が掲載されました。
記事の詳細についてはNeccoカフェでもご覧になれますので、どうぞお気軽にお申し付け下さい。

JDDNET会報_14号表紙(クリックで拡大します) JDDNET会報_14号記事(クリックで拡大します)

パルシステム生協『のんびる』2012年11月号

のんびる2012年11月号 のんびる11月号 Neccoカフェ記事
パルシステム生活協同組合セカンドリーグの月刊誌のんびる2012年11月号にNeccoカフェの取材記事が掲載されました。
掲載誌はこちらで注文可能です。
またはNeccoカフェでも閲覧できます。

「しんぶん赤旗」2012/7/17付・「女性のひろば」2012年8月号

2012年7月17日付の「しんぶん赤旗」、および
「女性のひろば」2012年8月号にNeccoが紹介されました。

掲載された記事はいずれもNecco Cafe店内でもご覧になれます。
もしくは上記リンク先からご購読も可能です。皆さんよろしくお願いいたします。

しんぶん赤旗 2012年7月17日付記事
カフェで就労支援-発達障害の人たちが運営(しんぶん赤旗 くらし・家庭面 2012年7月17日付)

女性のひろば 2012年8月号女性のひろば 2012年8月号 記事
女性のひろば 2012年8月号 記事

ダイヤモンド・オンラインの連載記事『「引きこもり」するオトナたち』第112回

日本初!大人の発達障害の人々が運営する ブックカフェ「Necco」で自分らしく働く若者たち|「引きこもり」するオトナたち|ダイヤモンド・オンライン
日本初!大人の発達障害の人々が運営する ブックカフェ「Necco」で自分らしく働く若者たち

ダイヤモンド社のビジネス情報サイト「ダイヤモンド・オンライン」の連載シリーズ
「引きこもり」するオトナたちの第112回特集にて、4ページにわたる詳細な取材記事としてNeccoが紹介されました。
記事の取材、執筆いただいたジャーナリストの池上正樹さんならびにダイヤモンド社さんに、Neccoスタッフ一同厚く御礼申し上げます。

なかなか実際に行かないと上手く伝わりにくい、Neccoの雰囲気や特徴をよくとらえた記事内容となっておりますので、まだNeccoに来たことのない方には特に読んでいただきたいと思います。記事内容について良いと思った皆様方におかれましては、ぜひ記事の上部の「いいね!」「ツイート」、各種「ブックマーク」ボタンなどを押していただけると幸いです。

連載シリーズの他の記事についても、いずれも読み応えのあるすばらしい内容なので、興味のある方は是非あわせてお読みください。
連載第110回記事、不正受給問題であたかも犯罪者扱い!?生活保護受給者が脅える凄惨な仕打ちと悲惨な日常にもNecco Cafe運営者としての談話が掲載されています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください
日本初!大人の発達障害の人々が運営する ブックカフェ「Necco」で自分らしく働く若者たち
http://diamond.jp/articles/-/20394

学校向け副読本『多様性を大切にするユニバーサルデザイン』

多様性を大切にするユニバーサルデザイン

2012年3月発行の学校向け(小学校高学年以上)副読本『ユニバーサルデザイン第2期―つながる・ささえあう社会へ〈1〉多様性を大切にするユニバーサルデザイン』にNeccoの紹介文が掲載されました。
書店での購入またはご注文も可能ですので、ご興味のある方はぜひご覧ください。Neccoでも閲覧可能です。

この本に関する詳細およびご注文は以下のリンクからどうぞ。(あかね書房さんのサイトに接続します)
ユニバーサルデザイン第2期―つながる・ささえあう社会へ〈1〉多様性を大切にするユニバーサルデザイン
神保哲生 監修
定価3,150円 (本体3,000円+税)/小学校高学年以上
判型:A4判/ページ数:47ページ/ISBN978-4-251-09394-3/NDC369
初版:2012年3月

『福祉広報』2012年5月号にNecco当事者研究会が掲載されました

hukusikoho201205.jpg
『福祉広報』2012年5月号(定価(税込):300円)

東京都社会福祉協議会が発行している
月刊誌『福祉広報』2012年5月号に
Necco当事者研究会が紹介されました。

「み~つけた」というコーナーです。
私たちの活動の様子や意思を
丁寧に汲んで下さった記事になっていて
嬉しいです。

福祉系の施設でお見かけになった際は
ぜひご覧くださいませ。

「こころの科学」(2012年3月号)通巻 162号に掲載


こころの科学 2012年3月号
「こころの科学」(2012年3月号)通巻 162号

「当事者研究会のはじまり――発達障害者を中心とした実践」
綾屋紗月(Necco当事者研究会)
池田、大橋ケン、金子磨矢子、ザックバラン、
佐藤あひる、トウコ、のな、美也、めい、
ヤスタケ、やぶちことこ(研究会メンバー、50音順)

が掲載されました。

Neccoで当事者研究会を始めてから最初の6カ月間のひきこもごもを記述しています。

Necco当事者研究会の参加者のみなさんの多大なる協力のもとできあがった論稿です。

どうぞご覧下さいませ!

日本トゥレット協会(TSAJ)会報 第35号

トゥレット_Necco_記事表紙 トゥレット_Necco_記事本文
2012年3月31日発行の日本トゥレット協会(TSAJ)会報 第35号にて、「オルタナティブ・スペース・ネッコ訪問記~発達障害者の憩いの場、根っこに!~」と題した取材記事が掲載されました。

千代田区障害者就労支援センター通信【2012年春号】

chiyoda_center_16_1_bw chiyoda_center_16_l
千代田区障害者就労支援センター通信【2012年春号】に、『対談「発達障害」を理解するために』と題した、当法人理事長 金子磨矢子と東京都発達障害者支援センター(TOSCA)支援員 神保育子さんとの対談記事が掲載されました。

2012/2/7・2/21 東京新聞に掲載されました

2012年2月7日 東京新聞 朝刊
頑張っているけれど…大人のADHD<下> 広がる支援 多角的に就労後押し

2012年2月21日 東京新聞 朝刊
大人にも多い発達障害

2回にわたり、発達障害関連の記事でNeccoが取り上げられました。皆さんごらんください。

新宿区精神障害者家族会「新宿フレンズ」会報 2011年12月号

friends
新宿区精神障害者家族会「新宿フレンズ」会報 2011年12月号にて、2011年11月12日に開催された昼の家族会での講演会「発達障害中心の作業所をつくる ゆあフレンズ」での講演内容が掲載されました。
以下のリンクからも内容がご覧になれます。
新宿区後援事業 11月講演会より「発達障害中心の作業所をつくる ゆあフレンズ」

2011/10/6 NHK首都圏ネットワーク アスペルガー症候群“歌で人とつながりたい”


2011年10月6日に放映されたNHK首都圏ネットワーク(首都圏のみ放送)で、アスペルガー症候群をカミングアウトし日々活動されている、シンガーソングライター堀川ひとみさんのNeccoでのライブ映像を含む取材シーンが取り上げられました。
Neccoでは毎月第3日曜日に堀川ひとみさん司会の番組、かわさきFM「堀川ひとみのうたの国から」レギュラーコーナー“ウィークリーポッドキャスト「Neccoの部屋」”を担当していますので、皆さんぜひお聞きください。

2011/10/6 首都圏ネットワーク アスペルガー症候群“歌で人とつながりたい…

2011/4/7(木)・4/14(木)NHK福祉ネットワーク

NHK福祉ネットワーク NHK福祉ネットワーク NHK福祉ネットワーク
2011年4月7日・14日に放映されたNHK福祉ネットワーク「シリーズ 大人の発達障害(4) とことん語ろう!」のオンエアにて、当「Necco」での当事者インタビューシーンの収録風景が放映されました。

PAGE TOP